みなさんこんばんわ。
やっとこさ新作です。
といいたいところですが・・・
誠に残念ながらできませんでした。

以前から題材にしたかった曲が、死を扱った50秒程度の短い曲なんです。
そして、西洋画家ジョン・エヴァレット・ミレイの『オフィーリア』
をオマージュして描く、僕として意欲作になる予定だったんですが。

でも、どんなに描いていても完成が想像できない・絵に魂がこもらない。
表現力がただ単に足りない。思いが乗らない。
挫折しました・・・。

僕はテクニック偏重主義的なところがあります。
「描く」ことは技術的にできると思って描き始めると、結局は
テーマ・意義・表現力等の人間として作家としての未熟により
つまずくことがたびたびあります。
人間を描くというのは僕にとっては大変難しい。
ヌードデッサンや石膏像は「モノ」だから描くのは好きですが、
マンガにしろイラストにしろ適当に薄っぺらな人間は描けない。
 
本来であれば未完の作品や失敗作はお見せしたくはないのですが、
偽らざる一面として今回はアップしました。
恥を晒すようで本当に嫌なんですが・・・。
何度となく人間を描いて、あるいは理想の風景を描こうとして
ポシャってるからなぁ・・。がっくりです・・・。

でも諦めずに頑張りたいと思います。 


Art of Dying




絵からオーラとか、訴えかける何かとか、出てないのがわかるでしょうか?
描いていてもさっぱり思いが乗らず、スッカスカでした。
しょんぼりです。