みなさんこんにちわ。
樫地那太郎です。
 
GWみなさんいかがおすごしでしょうか?
新幹線ぎゅうぎゅうのようで。
とりあえず3日まで行楽の予定なので寿司詰め新幹線はイヤですねぇ。

今日はお仕事についてのお話です。
だいたい会社では月270時間くらい。
定時はないようなもので、残業はそのうち150時間くらいでしょうか。
さらに個人作家として月60時間はなにかしら働いたりしてます。
それでも、収入は同年代の65%程度です。(国税庁平成20年調べ)
これでもまだマシなほうとはアニメ産業恐るべしですね。

それでも社員からはあまり不満は聞かれません。
おそらく感覚が麻痺しているか知らない・見ていないのでしょう。
社外の皆さんの意見をまとめると・・・。
「何やってんの?」    10%
「大変だね」       30%
「頑張ってるね」     30%
「どこも変わらんね」   20%
「自分のほうがヒドイよ!」 5% 
「その他」         5%
 といった感じです。(アドレス帳の皆さん一人一人の思考傾向をもとに算出。)
 
それでも僕は働きます。
才覚、人望、強運、学歴、教養、金銭面での優越・・・。
残念ながらどれを挙げても凡人といえるものです。 

しかし、それがなんだというのでしょう。

がんばる人はさらに高みに登るんです。まさに今この瞬間も!
ただのがむしゃらではいけません。
よくよく考えて努力して努力しないと立つ瀬がないじゃありませんか。(笑
読書して、お金作って、お金と一緒に自分も働いて、
頑張っている人と出会って、教えてあって、たまに休んで、
また努力していく。
それでいいんじゃないかな。

不平や絶望では意味がないから、自分が変わるしかありません。
現状に満足しても、そこで止まってしまうなら残念至極じゃありませんか。

今の現状を心配して下さるみなさん。ありがとうございます。
そして、ご心配かけてごめんなさい。
でも大丈夫です。
人より優れているのはひとつだけ「ハングリースピリット」だと自覚しています。
だから大丈夫です。 

今、僕はここで生きていますよ。