未完と挫折

みなさんこんばんわ。
やっとこさ新作です。
といいたいところですが・・・
誠に残念ながらできませんでした。

以前から題材にしたかった曲が、死を扱った50秒程度の短い曲なんです。
そして、西洋画家ジョン・エヴァレット・ミレイの『オフィーリア』
をオマージュして描く、僕として意欲作になる予定だったんですが。

でも、どんなに描いていても完成が想像できない・絵に魂がこもらない。
表現力がただ単に足りない。思いが乗らない。
挫折しました・・・。

僕はテクニック偏重主義的なところがあります。
「描く」ことは技術的にできると思って描き始めると、結局は
テーマ・意義・表現力等の人間として作家としての未熟により
つまずくことがたびたびあります。
人間を描くというのは僕にとっては大変難しい。
ヌードデッサンや石膏像は「モノ」だから描くのは好きですが、
マンガにしろイラストにしろ適当に薄っぺらな人間は描けない。
 
本来であれば未完の作品や失敗作はお見せしたくはないのですが、
偽らざる一面として今回はアップしました。
恥を晒すようで本当に嫌なんですが・・・。
何度となく人間を描いて、あるいは理想の風景を描こうとして
ポシャってるからなぁ・・。がっくりです・・・。

でも諦めずに頑張りたいと思います。 


Art of Dying




絵からオーラとか、訴えかける何かとか、出てないのがわかるでしょうか?
描いていてもさっぱり思いが乗らず、スッカスカでした。
しょんぼりです。 

チュートリアル ポスターカラー背景 「雲」

みなさんこんばんわ。
いやぁ、お久しぶりです。

4月5月は色々ありました・・・。多分6月以降もだろうなぁ。
忙しさにも多少慣れてきました。しかしブログのアップが滞るのは
いただけませんねぇ。
仕事がヒマな時は以前はなんとなく過ごしてきましたが、今現在は
仕事がなくてもそれならそれでToDoが満載しておるわけです。

さて、そんな中今回はちょっと新しいことをしてみました。
とゆうのもメインで使っている作品投稿サイト「Pixiv」の漫画機能を利用して
チュートリアルと銘打って講座を手掛けてみたわけです。
それも時々質問にあうポスターカラーでの雲の描き方です。

いつもならメイキングはブログで。としていましたが、
Pixivで完結してしまうとブログの意味がないので、
ブログではレタッチしたものも載せるようにします。

それではクリックしてご覧ください。

チュートリアルアナログ背景 雲2





チュートリアルアナログ背景 雲3





チュートリアルアナログ背景 雲4





以上です。

さて、今回のチュートリアルはいかがだったでしょうか?
アナログの絵は乾かないとスキャニングできない上に 
テキストで説明するのが非常に難しいんですよね。 
ジェスチャーや実作業を見ればすぐわかるんですがね。 
評判がよければまた何かのチュートリアルをしてみようと思います。 

おまけ

チュートリアルアナログ背景 雲-レタッチ











レタッチ調整した参考作品。
ブログでの特典!
アナログらしく画用紙のざらつきも出してみましたが強すぎたかも。

それではまたお会いしましょう! 

勝間和代VSひろゆき 対談について ミクシー日記から転載

勝間和代さんとひろゆきさんの対談が話題になっていますね。 
僕も見ましたので感想をひとつ。 

勝間さんへの共感はこのところ遠のいていたうえで 
更に離れてしまいました。 
素晴しい人なんですが、現状が彼女の最善であるとは思えません。 
この先は分かりませんが自分で納得しているならばしょうがないですね。 
期待通りに進むオピニオンリーダーなんていない。 
「あんな人だったなんて!裏切られた!」 
とは考えたくないので誰に対しても過度の期待はしません。 
でも、僕にとってはとても影響が強い方です。 
2冊の良著に対してはとても感謝しています。 

ひろゆきさんはとても共感できる内容で面白かったです。 
ブログで寝不足で態度が悪かったとありますが、 
あとで謝るくらいならメガシャキを飲んで欲しかった。 
といっても、別に問題あるものでもなかったと思いますが。 
ちょっと意外にも考え方が近い人でした。なるほど。 

結論として時間の無駄といった内容ではなくて、 
考えさせられるものでとても面白かったです。 
議論は平行線で実りあるモノではなかったので、番組の趣旨からみれば 
大失敗でしょう。 
しかしながら、僕にとってはお二人を知ることができてとても満足です。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ